ECサイト/ネットショップ制作

ECサイト/ネットショップ制作

ec

ECサイト/ネットショップ制作

ネットショップで売り上げを立てるには戦略が必要です。

「BASE」などの近年では個人でもネットショップが容易に作れるようになり、「インターネットでモノを販売する」ことが身近になりました。
しかし、ショップを作ることとそのショップで売り上げを立てることは違います。
あくまで目的は「売り上げを立てるためのショップを作る」ことを念頭に入れる必要があります。

ネットショップの種類

一言にネットショップ(ECサイトとも言います)といっっても、実は作り方は多岐に渡ります。
自社で独自開発のシステムを構築しショップを開設することもあれば、カラーミーやメイクショップなどのカートASPと言われるカートシステムを借りる形で制作するやり方や、ECキューブやウェルカートといったオープンソースを利用する制作もあります。

また、楽天市場やYahoo!ショッピングなどのモールへ出店する形でネットショップを開設する企業様も多いですね。

それぞれ導入コストやランニングコストでメリットやデメリットもありますが、一番大事なのは「どんな商品を誰に向けて売りたいのか」をよく考えた上で適切なネットショップを開設することが重要となります。

弊社では過去様々なネットショップ制作の開設実績がありますので、どのように開設すれば良いのかわからない場合もお話をお伺いしご提案させていただきますのでお気軽にご相談ください。

月額制の有料カートASPを利用したネットショップ制作

自社でショップを作りたいという場合、最も多いのがこのケースです。
すでにできているカートシステムをカートASPから借り、デザインや文章を入れてカスタムし自社のカートを作成していく流れとなりますので、
比較的簡単にショップをオープンすることが可能です。

カラーミー、MakeShop(メイクショップ)、フューチャーショップ、ショップサーブなどが多く使われてります。

「定期購入に対応している」「デザインの自由度が高い」「配送データの管理が楽」などそれぞれ特性があり、契約前に自身にあったASPを選ぶ必要があります。

月額制の有料カートASPを利用するメリット

  • カート購入システムが出来上がっているので導入が楽
  • カートASPのサポートが付いている
  • 決済方法が多岐に渡る
  • サーバーごと借りることも可能
  • 会員・顧客データ管理が楽

月額制の有料カートASPを利用するデメリット

  • 毎月のランニングコストがかかる
  • デザインカスタムに制限がある
  • お店固有の割引方法などに対応できない

独自構築(自社構築)で作るネットショップ制作

上述のカートASPはあくまですでに作られているカートシステムを借りるイメージなので、お店独自の割引や特殊条件下での個数の制限などが多い店舗はその条件が作れません。

そのような場合はカスタムの拡張性の高いオープンソースのシステムや、独自に専用のカートシステムを構築する必要がございます。
当然、カートASPを利用するより工数・費用がかかってしまう場合が多いです。

独自構築(自社構築)でネットショップを開発するメリット

  • どのような要件にも対応できる
  • デザインの自由度が高い
  • 開店後も機能拡張することができる
  • カートの契約費用は発生しない

独自構築(自社構築)でネットショップを開発するデメリット

  • カートASPを利用する場合に比べて費用・工数がかかる
  • メンテナンスを行うにも知識が必要
  • 顧客データを自社サーバーに持たせるため、セキュリティ面も気を使う

モールへの出店を利用したネットショップ制作

楽天やYahoo!ショッピングなどのモールに出店する形式です。
amazonへの出店もこの項目に該当してきます。

ネットショップ開店時に決めなくてはならないこと

・出店までにかけられる費用はいくらか
・毎月どれくらいの運用費をかけていくか
・集客の手段をどうするか
・商品の購入層が利用するショップは何が多いか

などなど、ネットショップ開設の場合はついつい【どのようなショップデザインにするか】に頭がいきがちですが、【ショップの要件・開店後の運営方法・集客手段】をまず先に考える必要があります。

ネットショップは開店したらモノが売れるわけではありません。

まずは、具体的に【●ヵ月後に●円くらいの売り上げをたてるショップを作る】という目標を定め、それを達成するために【どのようにカートを構築するか】から考えていきましょう。

制作事業

システム開発事業

広告運用事業

メディア事業

SES事業